バカと暇人のモノに触れなくても夢は死なない

note.mu

良い文章だな〜。

それでも僕はツマラナイモノに一喜一憂するだろうし、連れ合いの人もそれを許容はしてくれると信じている。