ナイススティックの重さを量る男、長さを測る女

 

DPZらしさが光る記事。多くの人が慣れ親しんだヤマザキパンのナイススティックを題材にこれだけアツい記事を読めるのは幸せな事です。

 

話がずれますが「女性の会話に解決策を出そうとする男はダメ。解決より共感を!」的な事がよく言われます。もちろん男女と一括りにできるはずは無いですが、この手の話題は一定の共感を得るので「傾向がある」とは言えるでしょう。

 

そして、この傾向がこの記事の中でも見受けられます。

 

記事の中で「妻」はナイススティックを長さで選ぶ事が取り上げられています。実施に結構長さが違うらしい。

しかし、記者はこの「長さ」に対して有るアプローチを取ります。重さを量ったのです。結果、長さは違えど重さはほぼ変わらない事を発見します。

で、そのことを妻に伝えるのですが、返って来た言葉がコレ。

妻に知らせると「それでも、気持ち的に食べ応えは違うと思う」とのこと。長さで選ぶ視点に揺らぎはないらしい。 

 これ、長さが違う事を共感で止めておいた方がいいやつですね。文字からは見えませんが、チョット舌打ちしている妻の姿が目に浮かぶようです……

 

色々ためになる記事でした。