プロダクトと自分たちの思想。どちらを前面に出すべきか

jp.techcrunch.com

Light Phoneとうプロダクトはアンチ・スマートフォンらしい。

もう一度人間を第一に考え、長い目で見て生活を良くするテクノロジーが何かを見直すべきだと思う。Light Phoneがその全部に答えるわけではないが、これはそのための会話の第一歩であり、われわれは他にも数多くのアイデアを持っている 

 言わんとすることは分かる。ただ、このプロダクトは製作者たちの自己表現のために発表されたように見える。

プロダクトに製作者の思想はついてまわる。いたって自然な事だ。ただ、それを前面に出すマーケティングは失敗する。Appleだってみんなあーだこーだ言っているが、マーケティングとして前面に打ち出しているのは顧客が主人公となったストーリーである。

本当に自分たちの思想を世に広めたいのなら、自分たちの思想を控え目にする事も必要なのではないだろうか。Kickstarterでもあるレベルまでしか共感は得られていなさそうなので。

大きなお世話の老婆心であることは百も承知。