読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローン一匹通す隙間もないビルを可能に、沖電気がドローン探知システムを開発

japan.cnet.com

プライバシーの問題や、官邸などへの愉快犯など負の側面が強調されてしまっているドローンですが、このような世相に対応してか沖電気興業が「ドローン探知システム」を開発したとのプレスリリースが出ている。

沖電気はドローンが飛行音を隠匿できないことに注目して、沖が得意な音響技術を使ってドローンの位置を割り出すことに成功したようだ。かなり大掛かりな装置になっており、金額も300万〜となっているので、個人利用ではなく企業利用であろう。

そういえば、ホームセキュリティのセコムは逆の発想で、ドローンを使った監視サービスを開発しているそうだが、いつの日かこのセコムのドローンと沖電気のドローン探知システムが相まみえる日がくるのだろうか。

 

関連リンク