スマホの中での可処分時間の寡占化が進んでいる

jp.techcrunch.com

タイトルの通りの記事。Nielsenが調査した結果スマホの中でのアプリ利用時間が大幅に増えているにも関わらず、利用アプリ数は微増にとどまっている。

これは、スマホ内で利用されるアプリの寡占化が進んでいる事が予想される。

実際に自分を振り返ってみても、物珍しさから多くのアプリを入れていた初期に対して、時間がたてばたつほど使う使い慣れたアプリ以外は使わなくなっていく傾向がある。

結局は可処分時間の天は決まっているのだから仕方がないのだけれども。

 

www.nielsen.com