IBM曰く、社内利用においてMacはWindowsよりも問合せが少ないよ

IBMとAppleの提携は粛々と進んでいるようだ。

Mac@IBMプログラムは「社員に支給するワークステーションをPC(Windows)からMacへ移行する」プロジェクトの総称で、IBMでは現在1週間に1,900台のペースでMacが導入され、既に13万台のMacおよびiOSデバイスが導入

このクラスの企業になると、社内利用を決めるだけで13万台になることが脅威である。

この取り組みを行ったところ同じ業務を行っているにもかかわらず、24時間利用可能なヘルプデスクへの問い合わせはPCユーザーが40%だったのに対しMacユーザーはたった5%という結果になったそうです

(熱心ではないが) 信者のわたしでもこの数字は流石に首を傾げる。パッと思いつくのは、母集団に偏りがありそうだということ。

昔ほどではなくてもOSを変えることは多大な苦労がともなう。とすれば、なるべくスムーズに移行作業をすすめるなら初めは移行しても問題がない人、例えば既にMac使いな人などからはじめるだろう。今回も同様で挙手制なのか、抽出なのかは別にしてMacを使っている人間を選択しているのではないだろうか。想像だが。

何事においてもアーリーな人たちは自己解決が好きで、レイターな人たちにはサポートが必要なものである。

私用と会社でMacとWindows両方使っている人間からすれば、仕事はWindowsの方が無難なのではないか、と思ってしまう。Windowsの後方互換にかける情熱はコンシュマーでは必要なくとも、企業利用では非常に重要だと思うのだが、さてさてどうなるだろうか。

関連リンク