読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google先生はインタビューがお嫌い

インタビュー記事がGoogleから評価されにくい4つの理由と6つの対策方法-みんなのインタビュー

インタビュー記事はGoogle先生の受けが良くないらしい。

理由としては、

1、文章量の多さと情報量の多さは比例しない

2、びっくりするぐらいキーワードが含まれていない

3、話が脱線してタイトルとコンテンツ内容の一貫性がなくなる

4、専門家だから詳しいわけではない 

 という事が大きな要因のようだ。

 

インタビュー記事は、程度な情報密度であり、脱線しながら話が進むので読みやすくのだが…… Google先生の好みではない罠。

 

「1、ムダな部分の削除」や「3、文節の修正」などをしていくと、状況は好転するようだが難しい。

 

しかし、確かに検索上位にくるインタビューは、話している風であるがキチンと文章としてまとめられている。社長さんのが喋ってライターさんが本にまとめる武勇伝式である。

 

薄っぺらい、無駄なコンテンツもたまにはいいものだけどね。それはGoogle様の世界観ではないということ。