読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一部のアプリがモバイルプラットフォームを占有している、ということは広告はその上で戦うしかないのだろうね

ほんの一握りのアプリが、全体的なモバイル・データ消費量に対して、最大のシェアを占めている。ブロードバンド機器メーカーである、Sandvine の最新レポートによると、北米のピーク・アワーにおいて、モバイル・トラフィックの 36% が、YouTube と Facebook に占有されていることになる。 

 北米のレポートだが、YoutubeやFacebookなどの一部のアプリがモバイルトラフィックをしめているようだ。

日本でも、大きくは変わらないだろう。Snapchatの変わりにLINEが入ってくるぐらいかな。

 

ともあれ、モバイルトラフィックを一部のアプリが占めているということは、そのプラットフォームに乗らないかぎり、広告はユーザーに情報を届けれないということである。

さらにそのプラットフォームの中では1つの世界ではなく、ユーザー毎に個別の世界になっていたりする。つらいね。